人気アニソン&声優アーティストTOP100

ここ一年の人気と実績に基づいてアーティストを紹介するランキングです。

→アニソン歌手ヒットチャートとの違い

↘総合PTの構成要素

①最新オリジナルアルバムの売上枚数
(場合によってシングルや他種類のアルバムの売上枚数を参考します)
②ライブ動員力
(行われたワンマンライブの会場キャパシティや公称動員数に基づいて測ります)
③ライブ映像の売上枚数
(データがない場合、他のアーティストを参考して動員力から推算します)
④曲のヒット
(シングルと有料配信の売れ行きを参考にします)

→ランクインする基本条件
→コーナー

最後に一言、人気順位や売上はレーベルの大きさや宣伝の仕方など色んな要因に影響されます。アーティストの魅力を判断するにはこれだけでは全然足りていません。その歌その曲その人に魅されれば価値はそこにあります。数字をそんなに気にせずに、好きなアーティストを応援しましょう。

ランキングに関するアンケート
ご協力をお願いしております。
→藍井エイルさんについて



↘アニソン歌手ヒットチャートとの違い

ヒットチャートは数年間の売上に基づいて客観的に順位を付けるチャートです。枚数を比率で計算して、一時的なヒットや集中的なリリースによる誤差をある程度減らしたチャートとなっております。CD売上枚数が唯一の参考資料であり、CD音楽活動が活躍するほど有利になります。

今年(2018年)からオリコンが配信ランキングを公開して、本来そのランキングを参考し、ヒットチャートを調整する予定なんですが、公開数値が不完全なため、平等に計算するのが困難と判断しました。

CD売上が低迷となった現在、人気を測定するには一つの参考指標だけでは足りていません。そのため、新しいランキング企画を用意しました。

人気アニソン&声優アーティストTOP100ランキングはヒットチャートと違って、売上枚数など客観的なデータに加えて、ライブ動員など欠けがあるデータや直接に加算できないデータを主観的な判断をしてpt換算することとなります。

ヒットチャートと比べて、新ランキングの参考指標は確実な数値だけではなくなりましたが、信頼性は他のデータで補足します。ライブ動員や単曲のヒットなどアーティストの人気を示す指標を入れるところで客観性が遥かに増えます。

ヒットチャートより「今の人気」を重視し、「コア層人気」と「ライト層人気」のバランスを考慮して、「楽曲人気」と「ライブ人気」も組み込む「人気」ランキングとなっております。

▲TOP

↘ランクインする基本条件

去年の12月から今年の12月まで
①シングル/アルバム/ライブ映像をリリースしたこと;
②ワンマンライブを開催したこと;
③曲を有料配信したこと。
上記の一つを満たせばランクインが可能となります。満たさない場合は年末に除外します。

また、
①アニソンアーティストは2年内にアニメ・ゲームタイアップを付けたことが前提となります。
②特定作品からのユニットはキャラクター名義として扱って、対象外となります。クリエイターがメインとしたユニットは例外とします。
③コラボは順位を付ける対象ではありませんが、ヒット曲を取り上げる場合もあります。

▲TOP

↘コーナー

①アーティスト名のリンクから売上ページが開けられます
②アルバム:去年と今年にリリースしたアルバム(主にオリジナルアルバム)とその売上枚数となります
③ライブ実績:去年と今年に行われたワンマンライブの代表的な会場、主に今年のを取り上げます
④ヒット曲:発売日と配信日に拘ずに過去一年ヒットした曲、売上伸び率やチャートイン回数や配信の売れ行きなどに基づいて取り上げます

▲TOP

↘藍井エイルさんについて (2018.02.12)

ランクインのルールについて「ランクインする基本条件」にも書いてありますが、ここで一例として説明します。
藍井エイルは2016年11月のライブ以降活動休止してますが、数日前(2/8)めでたく活動再開のお知らせが来ました。
このランキングにランクインするにはアニタイ、もしくはゲータイを(2017年にタイアップがないので)今年中に付ける必要があります。加えて、曲をリリースすればランキングに入ります。
春にシングルをリリースすることは既に告知してたので、(ノータイじゃなければ)こちらのランキングに戻ることもそう遠くない話でしょう。
総合PTについて、藍井エイルの最後のオリジナルアルバムは2015年にリリースして、ベストアルバムは2016年リリースなので、PTに換算するとき年ごとに減少すると見られます。
もし次のアルバムの換算PTが今のPTに上回ったら、もちろん総合PTも上がります。ライブ動員とライブ映像についてもそうとなります。
また、これ以外にも、今年に曲がヒットすれば、そのヒット具合に基づいて総合PTが上がります。

▲TOP

アニソン歌手ヒットチャート

2017年2016年2015年2014年2013年2012年2011年2010年2009年2008年2007年2006年

チャートについて
・アニソンアーティストと声優アーティストによる近年の活躍や実積と人気をランキング形式で紹介します。ランクはご参考までに。
・チャートはアーティストのCD売上をPTに換算して、順位付けします。
.最終PT=今年のCD売上×8³/36² + 去年の売上×7³/36² + ... + 6年前の売上×2³/36² + 7年前の売上×1³/36²
・CD売上枚数の計算比率はこのようになります:
╰39.5%(今年):26.5%(去年):16.7%(2年前):9.7%(3年前):4.9%(4年前):2.1%(5年前):0.6%(6年前):0.1%(7年前)
.登場回数はこの年間チャートにチャートインした回数を意味します。
.売上枚数のカウント及びPTの換算は、概ねリリースした日の年に基づいています。
.一時的なデュエットや特定作品からのユニット・キャラクターは対象外になります。スプリット盤については場合によります。
.VOCALOIDの売上は対象外になります。
・2017年度チャートの集計は12月10日をもって終了予定となります。12月11日からの売上は2018年度にカウントして、これからPT換算の集計期間はオリコン年間ランキングの基準に基づく予定です。
・先日発表した配信DLデータによるPT加算についてですが、オリコンのランキング仕様では完全な数値とかなり乖離するため、加算はまだ暫く検討していきます。


リリース表(2018年1月 - 3月)

2018年 1月 - 3月4月 - 6月
2017年 1月 - 3月4月 - 6月7月 - 9月10月 - 12月
2016年 1月 - 3月4月 - 6月7月 - 9月10月 - 12月
2015年 1月 - 3月4月 - 6月7月 - 9月10月 - 12月
2014年 4月 - 6月7月 - 9月10月 - 12月

リリース表について
①このリリース表は、主にアニソンアーティスト・声優の新シングル・アルバムの発売日・タイトル・関連作品(アニメ・ゲーム)を記録します;
②キャラクター名義(作品ユニット含む)は一部だけを載せてます;
③また、本保管庫に登録していないアニソン歌手はリリース表に載っていないかもしれません。
④タイトルはCDタイトル(表題曲)であって、必ず関連作品の曲とは限りません。
⑤売上データのリンクからそのアーティストまたはその作品の売上データページへ移動できます。