アニソン歌手ヒットチャート

参考性を上げるためにチャート全ての内容を更新しました。
ランキングは以前のチャートより現在の勢いを重視しています。
ヒットしているアーティストは以前より上位にランクインしやすくなります。ヒットに関する情報も大量追加しました。
2016年2015年2014年2013年2012年2011年2010年2009年2008年2007年2006年

チャートについて
・アニソンアーティストと声優アーティストによる近年の活躍や実積と人気をランキング形式で紹介します。ランクはご参考までに。
・チャートはアーティストのCD売上をPTに換算して、順位付けします。
.最終PT=今年のCD売上×8³/36² + 去年の売上×7³/36² + ... + 6年前の売上×2³/36² + 7年前の売上×1³/36²
・CD売上枚数の計算比率はこのようになります:
╰39.5%(今年):26.5%(去年):16.7%(2年前):9.7%(3年前):4.9%(4年前):2.1%(5年前):0.6%(6年前):0.1%(7年前)
.登場回数はこの年間チャートにチャートインした回数を意味します。
.売上枚数のカウント及びPTの換算は、概ねリリースした日の年に基づいています。
.一時的なデュエットや特定作品からのユニット・キャラクターは対象外になります。スプリット盤については場合によります。
.VOCALOIDの売上は対象外になります。
・2017年度チャートの集計は12月10日をもって終了予定となります。12月11日からの売上は2018年度にカウントして、これからPT換算の集計期間はオリコン年間ランキングの基準に基づく予定です。

これからのチャートについて
・2016年11月から、デジタルアルバムランキングの公開が開始した以来、配信DLデータを当チャートに加算することを積極的に検討し始めた。
・2017年12月からはデジタルシングル(単曲)ランキングも公開されるため、2018年からPTの計算は配信DLデータを加える予定となります。
・シングル(単曲)はCDと違い、CDと同じタイトルでも収録曲は1曲しかない。逆に言えば同じCDに収録した曲はタイトル分けて配信するため、チャートにて計算上ではCDと等しくありません。
・デジタルランキング公開以前のデータがないため、PTの加算はチャートのバランスを維持するように調整します。また、配信DL数は総売上枚数に加算しません。

0 件のコメント:

コメントを投稿